5月 | 爽快に、春を味わう
#PICKUP#CAFE

イギリスから旬が来る。

5月 | 爽快に、春を味わう

VOLUME.7

MARGARET HOWELL CAFEには月ごとのシーズンメニューがあります。
それは、イギリスから届いたレシピをもとに、
キッチンスタッフが日本の食文化に合わせてアレンジしたもの。
今月も終わりか、と、過ぎた日々を振り返るときも、
新たな月のはじまりに、習慣を切り替えて前を向くときも、
旬のメニューなら、その季節の気分や体調にフィットするはず。
あるときは現場で、あるときは裏方に徹しながら、
カフェリーダーの三辺貴男さんの声で、
イギリスから届く季節のメニューを紹介します。

Text by Takao Minabe (TSI)
Photography by Akemi Kurosaka
Edit by Soya Oikawa (TSI)

みなさんこんにちは。

マーガレット・ハウエル カフェの三辺です。

まちにまった春がやってきました。5月は植物の植え替えや剪定、種まきに適した時期です。園芸店にはこれからたくさんの植物が並ぶことでしょう。そんな自然のサイクルと、イギリスの伝統に寄り添いながら、僕たちも新たなチャレンジを続けていきます。それでは、今月のシーズンメニューです。

002.jpg

サーモンのオープンサンドウィッチ ¥1,600 (二子玉川店)

味はさっぱり、ボリュームはしっかり。サラダとしてもお食事としてもお楽しみいただけるオープンサンドウィッチです。ちょっと写真からは分かりづらいかもですが、カフェのオリジナルのトーストを土台に敷いて、その上にたっぷりのサラダとサーモン、最後にアボガドの半身をドスンと載せ、自家製のドレッシングをかけてお出しします。この際、お行儀はすこし横に置いておいて、ぜひほお張ってお召し上がりください。

003.JPG

ライトグレイティー ¥750(全店)

ライトグレイティーというのは、いわゆる「アールグレイ」のことです。柑橘系の「ベルガモット」という香料をリーフに着香させているのが特徴です。シチリア産の天然のベルガモットを使っているので、味や香りは自然でわざとらしくなく、果実本来の優しくて爽やかな風味をお楽しみいただけますよ。

004.jpg

僕は自宅でさまざまな紅茶を淹れるのですが、中でもこのライトグレイティーにお湯を注いだ日は、部屋中にアロマの香りが広がって、「よし、今日もやるぞー」というさわやかな気持ちになれます。

蒸らす時間はハイティーと同様、2分程度でかまいません。最後の一滴までしっかり落としてもらえれば、豊かな風味を味わうことができるでしょう。

そんなライトグレイティーと合うケーキを、と思ってご用意したのが次のメニューです。

005.JPG

006.JPG

フルーツケーキ ¥3,300 オンラインストア

イギリスではお馴染みの「フルーツケーキ」です。フィグをはじめ、クランベリー・サルタナレーズン・オレンジピールなどのドライフルーツを同じ大きさにカットして、ラム酒に漬け込んでから、生地に練り込みます。最後に半分にカットしたドライフィグをのせてオーブンで焼き上げれば完成。しっとりとした生地とドライフルーツの食感をシンプルに楽しんでもらえるよう、スパイスは加えずに作りました。カフェのパティシエによる渾身の作品です。

しかしこのケーキ、あいにくオンラインストアのみでの取り扱いのため、カフェの店舗ではお楽しみいただけませんが、よろしかったらぜひお試しください。

それではまた来月、お会いしましょう。

  
  • MARGARET HOWELL CAFE

    イギリスのクロージングブランド「MARGARET HOWELL」のショップに隣接したCAFEとして現在は東京に3店舗を展開中。透き通った気持ち良い空間でお食事からスイーツまでごゆっくり楽しんでいただけます。オンラインストアもぜひご利用ください。

  • 三辺貴男

    飲食業界20年を超えるベテランでマーガレット・ハウエル ショップ&カフェでは7年生。音楽・文学・植物からUFO研究まで興味関心は今なお広がり続け、ゆくゆくは都会を離れ、妻と温室で植物を育てながら老後のためにとっておいた本を片っ端から読み漁る日々を理想としている。