MARGARET HOWELL神南店 | わたしが日々、変化に気付く理由
#SHOP#MARGARET HOWELL#our brand

ショップのチカラ

MARGARET HOWELL神南店 | わたしが日々、変化に気付く理由

VOLUME.4

作り手の思いを預かり、お客様につなげるための出会いをしつらえるショップ。
両者の間に立つスタッフは、そんな空間づくりのスペシャリストです。
商品を販売するだけの場ではなく、
街に息づき、人々と関わり交わり、暮らしを豊かにしてくれる特異な空間。
この連載では、ショップに宿るさまざまな「チカラ」を、
日々「立つ」スタッフならではの視点で紹介していきたいと思います。
第4回は、MARGARET HOWELL神南店につとめる田代呼子さんです。

Photography by Daisaku Kikuchi
Text by Coco Tashiro(MARGARET HOWELL / TSI)
Edit by Soya Oikawa (TSI)

マーガレット・ハウエル神南店では、「その日ごと」の魅力を感じることができます。

正面入り口の大きなガラス扉から差し込むやさしい自然光や、フローリストのチーコさんが活けてくれるお花の表情などは日々異なり、ディスプレイやレイアウトとカフェのメニューは月ごとに更新されます。何度かショップに足を運んでいただくと、それぞれの変化に気付くことがあるかもしれません。

002.jpg

DSC09504.JPG

004.JPG

スタッフの目から見ても、日々気付くことがあります。それは朝のオープン前、もしくは閉店後の時間がもたらしてくれる大切な気付きです。

パリの寺院から運んできた古材でできた床やカーペットの掃除機がけ、レストルームやフロアの鏡拭き、お花の水替えなど。そういった店内の整えは毎日行うことなので、ほんのわずかな状態の変化にも気付くことができるのです。

そしてどこかに不具合を見つけたときは、自分たちで工夫したり、直したり、必要であれば専門の業者さんに修理を頼んだりします。あらためてこのように書き表してみると、まるでショップに暮らしているようです(笑)。

005.jpg

006.jpg

ショップの隣には居心地の良いマーガレット・ハウエル カフェが併設されています。店内が繋がっているので、ふだん私がいるショップ側にも、エスプレッソマシーンやキッチンタイマーの音、そしてお客様の楽しそうな声など、カフェからさまざまな「音」が聞こえてきます。

「おや、なんだかカフェが賑やかになってきたな!」と察知すると、私はカフェの様子を覗きに行き、人手が足りないようであればオーダーをとったり、テーブルの食器を下げたりと、できる限りのお手伝いも。最近では「文字を書く」ことが好きな私にぴったりのお手伝いとして、外に置く看板にメニューを書いたりもしました。ショップとカフェには、このような垣根を越えたチームワークが存在しているのです。

007.jpg

「会話」も、ショップの大きな魅力のひとつです。スタッフは、ご来店されたお客様の雰囲気や着こなしだけでなく、骨格なども踏まえて、お似合いになる商品をご提案しています。何度かご来店くださるお客様には、以前の購入品と新しい商品との組み合わせをご案内することもあります。

お客様と話題になるのは、仕事や趣味、最近気になっていることなど、洋服だけにとどまりません。まったく関係のない話題であっても、意外にもそういうお話こそが、どちらにしようか悩んでいたアイテムの決め手となったり、着こなしに関する悩みを解決したりすることもあるのです。スタッフとの会話で、今まで気付くことのできなかった、新しい発見ができるかもしれません。これはきっと、ショップでお買い物をする醍醐味だと思うのです。

009.jpg

また、シーズンごとのコレクションに加えてショップ限定のアイテムやホーム・プロダクトも取り扱っています。「YOKO YAMANO」のガラスシリーズや「NICOLA TASSIE」の陶器のジャグ、「LUBNA CHOWDHARY」のタイルといったハウスホールドグッズは、手作りだからこその色味や、縁のわずかな歪み、釉薬のかかり具合などによる個体差があります。

008.jpg

DSC09154.JPG

ロンドン北部のエドモントンにある自社工場で、1枚のシャツを1人の縫製職人が丸ごと縫い上げる「エドモントンシャツ」は、縫製を担当した職人のイニシャルが商品内側のタグに記されていて、一枚ごとの作り手の雰囲気を感じることができます。ショップにお越しの際は、実際にそれらを手にとり、ぜひお気に入りを見つけてみてください。

001.jpg

このように、日々の変化に富んだマーガレット・ハウエル神南店は、渋谷駅から徒歩で1015分のところにあります。渋谷駅周辺の人通りの多さを避けたい方は、原宿駅や明治神宮前駅からも山手線の線路沿いを渋谷方面に15分ほどの徒歩圏内です。カフェやファッションのショップが多い通りから一本裏の路地に面していて、道から入り口までの広く贅沢なアプローチは、路面店ならではの景観です。

ぜひ足を運んで、スタッフとの会話や「その日の神南店」を楽しんでみてください。

  
  • MARGARET HOWELL神南店

    日本での旗艦店として1999年オープン。シーズンごとのコレクションはもちろん、マーガレット・ハウエル本人によって選び抜かれた家具やホームプロダクト、書籍も扱う。併設するカフェでは月ごとのシーズンメニューを楽しむことができます。

  • 田代呼子

    2014年入社。6歳からバレエを習いはじめ、大学ではコンテンポラリーダンスにのめり込むなど、社会人になるまでに踊ることにほとんどのエネルギーを注ぐ。ソフィア・コッポラとローカル映画館を愛し、「下高井戸シネマ」や「飯田橋ギンレイホール」がお気に入り。