2021 AUTUMN WINTER YLÈVE Film vol.1
#PICK UP#YLÈVE

NEWS ANCM

2021 AUTUMN WINTER YLÈVE Film vol.1

VOLUME.31

Photography by YLÈVE
Text by Chika Nezu (YLÈVE / TSI)

ARCHIVE

「余白のある服」をコンセプトにもの作りを続ける「YLÈVE(イレーヴ)」。身体が衣服を着用し動くことで表現される、ブランド初となる2021年秋冬シーズンのイメージフィルム<vol.1>の公開をご紹介します。

https://vimeo.com/532055001

YLÈVEの服は一貫してシンプルですが、シャツやニット、トラウザーズなど、すべてのアイテムにおいて素材からパターン、ディテールや縫製の各要素に至るまで、深い試行錯誤が繰り返されています。それは人が着用することによって、身体と生地との間に適度な“ゆとり”として現れ、服自体が主張し過ぎずに着る人に寄り添う「余白のある服」として完成する服です。

そんなYLÈVEの今シーズンは、天然素材のもつ自然な風合いや、先染めによる微細なニュアンスをYLÈVEらしいカラーリングで表現しています。グレー、ベージュ、ブラウン、カーキといった曖昧なトーンを引き締めるかのように用いられる効果的なブラックが印象的なコレクションです。

スクリーンショット 2021-07-28 11.33.51.png

メンズの古着をモチーフにデザインされた、どこか懐かしいチロリアンジャケットや、粗野な風合いのウールツイードのノーカラージャケットとメンズライクなタックトラウザーズと合わせたスタイルは、それぞれ古着がモチーフなだけあって、時代を再解釈した逆説的な新鮮さがあります。

また、高度なパターンテクニックにより90度回転させて着用することができる遊び心あるスカートと、カットソー感覚で、レイヤードにも対応するフレキシブルなブラウスは、その汎用性の高さとは裏腹に静かな印象です。フィルムでは白い空間の中でどちらもシンプルなアイテムだけに、美しい佇まいを感じさせます。

スクリーンショット 2021-07-27 23.11.23.png

1990年代をイメージしたパターンやシルエットで作られたジャケットやシャツ、トラウザーズも登場します。ライトフランネル素材を使用したノーカラージャケットはソフトな仕立てを活かして、同じ素材をセットアップで着こなすだけではなく、Tシャツやニットなどと合わせたカジュアルなスタイリングにも万能です。

ボクシーでビッグシルエットなポンチョは動く度に迫力があり、ロング・グランパシャツと、まるでレギンスのようにストレッチの効いたスキニーなレザーパンツとを合わせたYLÈVEらしいカジュアルなレイヤードスタイリングも。

4年目を迎えるYLÈVE初となるイメージフィルムがいよいよ公開です。着て動くことで表現される「美しい余白」をぜひ、ご覧ください。

またYLÈVEのウェブサイトでは、同シーズンのすべてのルックをご覧いただけるほか、7/30()より、YLÈVE伊勢丹新宿店、THE LIBRARY全店(自由が丘、表参道、京都BAL、神戸BAL、天神)にて4種類のシーズンビジュアルの配布をスタートします。ぜひお近くにお越しの際は、お立ち寄りください。

HP : www.yleve.jp

IG : @yleve_official

ARCHIVE