YLÈVE SILK SCARF
#PICK UP#YLÈVE

NEWS ANCM

YLÈVE SILK SCARF

VOLUME.33

Photography by YLÈVE
Text by Chika Nezu (YLÈVE / TSI)

ARCHIVE

ミラノから北へ電車で1時間ほどのスイスとの国境にある都市「コモ」。

イタリアでは3番目に大きい「コモ湖」という湖があり、美しい自然をようした湖畔として、古代ローマ時代から愛され続けているヨーロッパ有数の避暑地です。

またコモは「シルクの産地」としても世界的に知られています。古くからテキスタイル産業にたずさわる優秀な職人に恵まれ、シルク製品においてはヨーロッパの繊維市場の8割を占めるほど。

そんなコモにて長年にわたり、ものづくりを続けてきた「ルイージ・トゥルコーニ」氏による、YLÈVE初となるスカーフをご紹介します。

003.jpg

なめらかなシルク地は、シンメトリーとアシンメトリーを組み合わせたオリジナルの柄がハンドプリントされ、職人が一枚一枚、スカーフの端をロールさせながら、丁寧な「まつり縫い」で仕上げられています。角にはさりげなくYLÈVEの頭文字「Y」も。

002.jpg

無地やバイカラーなど、折り方次第でまったく異なるデザインに見えるスカーフは、首を2周したり、頭に巻いたりできる大判のオリジナルサイズです。ブランドカラーのネイビー×アイボリーと、ニュアンスのあるカーキ×ブラックのどんなスタイルにも合わせやすい2色での展開。

ベーシックなカラーリングに、遊びのある柄、YLÈVEらしいこだわりの一枚となっています。

こちらのスカーフはYLÈVE新宿伊勢丹と、THE LIBRARY全店(自由が丘、表参道、京都BAL、神戸BAL、天神)、または、THE LIBBRARY公式オンラインショップでも取り扱いしております。

https://vimeo.com/533341976

また本日よりYLÈVE公式ウェブサイトでは、イメージフィルムの<vol.2>が公開されました。

粗い粒子のなかの波の音、揺れるスカート、海辺を歩く女性……

まるで遠い記憶と現実とのすき間のような映像に登場するのは、どこか懐かしいグレンチェックのジャケットや、今回ご紹介したシルクスカーフがよく似合うレザーブルゾンなど。メンズライクなアイテムに透け感のあるニットや、動きのあるフランネルスカートを合わせたスタイルは、この秋冬シーズンのYLÈVEならではのスタイリングでもあります。

004.png

少しずつ近づいてくる秋の足音。今シーズンもぜひ、YLÈVEによる「美しい余白のある服」をお楽しみください。

HP : www.yleve.jp

IG : @yleve_official

ARCHIVE