MHL. | HOME PRODUCTS
#HOME PRODUCTS

NEWS ANCM

MHL. | HOME PRODUCTS

VOLUME.45

Text by Eriko Kurimura (MHL.)
Photography by Soya Oikawa(TSI)

ARCHIVE

秋もすっかり深まり、あらためてインテリアや身の回りの道具に、目を向けるようになった方も多いのではないでしょうか。

MHL.では、丈夫で使い勝手の良いワークエプロンから、食卓を豊かにしてくれる実用的な器まで、さまざまなホームプロダクトを展開しています。今回はその中から、私が自信を持っておすすめできるアイテムをご紹介したいと思います。

002-3.jpg

HEAVY CANVAS APRON ¥14,300

クリスマスシーズンにも映えそうな、定番のエプロンに鮮やかなグリーンが仲間入りしました。ななめに付いた胸のポケットは物の出し入れがしやすく、スマートフォンやメモ帳、ペンなどを入れるのにちょうどよいサイズ。素材は厚みのあるキャンバス地なので、汚れてしまったら気兼ねなくゴシゴシ洗える頼もしいエプロンです。また、首元のスナップボタンで丈の長さを調整できるので、ご家族やパートナーと兼用でお使いいただくこともできます。

005.jpg

MHL WORKER APRON ¥13,200 (MHL.代官山、オンラインショップ限定)

カジュアルに腰に巻くタイプのエプロン。ジップ付きのポケットやスナップボタンが付いていて、エプロンというよりも小ぶりのバッグのような佇まいです。DIYやガーデニングなど、トラウザーズのポケットにスマートフォンを入れたままでは心持ち不安な屋外での作業にもぴったり。ものづくりや道具を使う作業が好きな方へのプレゼントにいかがでしょうか。

006.jpg

007.jpg

GREY WARE

食卓向けの丈夫で機能的な食器もあります。ロンドンのデザインカンパニー「Very Good & Proper」の「GREY WARE」は、イギリスの陶芸家「Ian Mcintyre(イアン・マッキンタイヤ)」による作品。自然な風合いと耐久性を兼ね備え、汚れが落ちやすく臭いもつきにくいという「炻器(せっき)」ならではの性質を持つ、普段使いに重宝するような器です。

独特なグレーカラーの光沢と、所々に見られる黒いユニークな斑点は、窯の中の酸素が少ない状態で焼き上げる「還元焼成」という技法により生み出されたもの。私も自宅で使用しているのですが、不思議とどんな食材にも合う色味です。

ボウル ¥6,050

オーバル大 ¥6,050

オーバル小 ¥4,400

展開店舗:MHL.代官山、MHL.新宿ルミネ

008.jpg

BEE BRICK

こちらはオブジェ、ではなく「ハチの巣」なんです。イギリスのプロダクトデザインカンパニー「GreenBlue」による「BEE BRICK」は、年々個体数が減少しているハチを守ろうという目的から作られたもの。中に卵を産めるような穴が無数に開けられていて、集団行動をしないハチが安全に子育てを営むことができるようになっています。

009.jpg

ガーデニング文化が盛んなイギリスでは、庭や菜園、または外壁の一部に設置して活用されているそうです。なかなか日本ではなじみのない光景ですが、デザインが素敵なので、ブックエンドやインテリアにもおすすめです。

ブロック小 ¥3,850

ブロック大 ¥5,500

レンガ ¥5,500

展開店舗:MHL.代官山、MHL.新宿ルミネ

その他にもMHL.では、外遊びにぴったりなタンブラーや手ぬぐい、かわいいイラストを眺めるだけでも楽しい洋書など、バリエーション豊富なプロダクトをご用意しています。ぜひ、お出かけの合間に気軽に覗いてみていただけたら嬉しいです。

ARCHIVE

  
  • 栗村枝里子

    2013年入社。MHL.代官山店スタッフ。東北の山奥で生まれ育ったためか、静かで目に優しい場所が好きで、大学では夏目漱石にのめり込み、現在も文学に心酔する日々。眠る前にウィスキーを味わうのが至福。また最近、金継ぎを始め、マイペースに勉強中。