MHL. | SEASON COLOUR
#MHL.COLOUR

NEWS ANCM

MHL. | SEASON COLOUR

VOLUME.55

Text by Eriko Kurimura (MHL.)
Photography by Soya Oikawa (TSI)

ARCHIVE

この春は、どんな色が着たいですか?

季節によって、気分によって、身にまといたい色は刻々と変化しますよね。色の装いを楽しむみなさまへ、MHL.から今シーズンのとっておきのカラーをご紹介します。

わたしは、MHL.のシーズンを象徴するカラーにつけられる「名前」が好きです。<バーク(樹皮)>や<ピスタチオ>など、自然を愛するマーガレット・ハウエルらしく、食べ物や植物といった身近なものがほとんどです。人によって「色のイメージ」には幅のようなものがあるので、そういった自分との感覚の差も新鮮で楽しいです。

また、照らす光が変わると、照らされるものの色の印象が変わります。比較的、くもりや小雨の多いイギリスの気候と、四季折々で表情豊かな光の日本とでは、同じ景色も違った色彩で見えるのだそう。そう考えていくと、色の印象というのはとても不思議です。

002.jpg

<GRAPE> 左からWOMEN’S GARMENTDYE BASIC JERSEY ¥6,050

LIGHT WEIGT DRY JERSEY ¥14,300

MENS GARMENTDYE BASIC JERSEY ¥6,050

HEAVY COTTON JERSEY ¥14,300

003.jpg

<DARK GRAPE> 左からWOMENS OVERDYE MELANGE COTTON LINEN BLOUSON ¥31,900

TROUSERS ¥26,400

MENS OVERDYE MELANGE COTTON LINEN BROUSON ¥36,300

TROUSERS ¥27,500

004.JPG

MHL.の2022年春夏のシーズンカラー<グレープ>は、ウィメンズもメンズも、バリエーション豊富に展開します。こっくりと落ち着いた赤みのブラウンは、あえてダークトーンでまとめ、ホワイトの小物やインナーを使い、足元や首元にアクセントとなる抜け感を演出するスタイルが新鮮でおすすめです。

005.jpg

<CONCRETE> 左から WOMENS SANDED COTTON LINEN SHIRTS ¥20,900

RAISED COTTON TWILL SKIRT ¥26,400

同TROUSERS ¥26,400

006.jpg

<コンクリート>は、ウィメンズのシャツとボトムスで登場。生成りのナチュラルさ、可愛らしさとは少し違って、グレイッシュなオフホワイトはスマートで洗練された印象です。ホワイトやベージュなど、明るい色とのコーディネートを上品な雰囲気で楽しむことができますよ。

今回ご紹介した<グレープ>と<コンクリート>は、程よい厚みや凹凸感のある素材と相まって奥行きを感じるカラーに仕上がっています。そのほかにも<ビターチョコレート>や<クラウド>、<アンバー>や<ピーカン>など、夏に向けてさまざまなカラーのアイテムが入荷します。

007.JPG

世界には名前のついている色だけで数千色、人間が認識できる色は数百万色もあるといわれています。国や文化によって認識される色の数が異なるというのも面白いですよね。衣服に限らず、さらにその色にいろんな「素材」を組み合わせるとなると、その数はもう無限にありそうです。

008.JPG

今回、「色」ということについて考えを巡らせていたら、文学が好きな私は「色の枕草子」があってもいいなと思いました。自分なりの、一番風流な季節の色を決めてみたい。

春は桃色、夏は青、秋は山吹、冬は白。いやいや、春は新緑、夏は白、秋は栗色、冬は……?

これぞ!という組合せがありましたら、ぜひ教えてほしいです。とっておきのシーズンカラーを、ぜひ一緒に楽しみましょう。

ARCHIVE

  
  • 栗村枝里子

    2013年入社。MHL.代官山店スタッフ。東北の山奥で生まれ育ったためか、静かで目に優しい場所が好きで、大学では夏目漱石にのめり込み、現在も文学に心酔する日々。眠る前にウィスキーを味わうのが至福。また最近、金継ぎをはじめ、マイペースに勉強中。