5月 | 伸びる、仲間とのつながり
#CAFE#MAY#MH MARKET

イギリスから旬が来る。

5月 | 伸びる、仲間とのつながり

VOLUME.19

MARGARET HOWELL CAFEのシーズンメニュー。
それは月ごとのイギリスからのレシピをもとに、
日本の食文化にあわせてアレンジしたものです。
食材の豊かな味わいを信じて手間ひまを惜しまず、
一皿ひとさら丁寧に作られる自慢の料理たち。
ひと口で気持ちがほぐれ、ふた口で身体があたたまり、
あっという間にごちそうさま。
そんな四季折々の暮らしにやさしく寄り添った旬のメニューを、
カフェの現場から、心をこめてご紹介します。

Takao Minabe (Margaret Howell Cafe)
Photography by Akemi Kurosaka
Edit by Soya Oikawa (TSI)

みなさん、こんにちは。マーガレット・ハウエル カフェの三辺です。

5月のゴールデンウィーク前後は、カフェにとって一年を通じて最も忙しい時期です。体調と相談しながら楽しんでいきたいと思います。

また最近は、お顔馴染みのお客様にお会いすることも増えてきました。いつも決まったメニューを頼まれる方とは、ご注文の際でもあまり会話を交わさないこともあります。でもそんな距離感が心地良いという場合もありますからね。「どうぞゆっくりしていってください」と、聞こえない声でひとこと。

さて、今月はどのような楽しいハプニングを起こしましょうか。しばし、お付き合いください。

002.jpg

ヴィクトリア スポンジ ¥2,700 (オンラインストア

およそ150年前にイギリスで誕生したヴィクトリアスポンジケーキ。マーガレット・ハウエル カフェでは15年以上前から同じレシピでお作りしていて、いまや吉祥寺店ではすっかり定番のデザートに。僕たちにとっても歴史あるメニューです。今月はオンラインストア用として、イチゴが乗っていない、イギリスで誕生した頃のような佇まいでご用意しました。

003.jpg

食欲がそそられるような、自家製ベリーたっぷりのジャムと、ホワイトチョコと無塩バターを使ったオリジナルクリームをスポンジケーキでサンドしています。冷やしてからお召し上がりください。

見た目はシンプルですが、口に含むとひと言では表現できない豊かな味わいを楽しむことができますよ。19世紀にアフタヌーンティーで楽しむために作られた、ヴィクトリア女王お気に入りのデザートのひとつ。歴史となった当時に想いを馳せながら楽しむのも良いものですね。

004.jpg

さて、ランチタイムも終わって一息ついたころ。窓ごしに外を眺めながらゆっくり紅茶を楽しんでいました。仕事中にも関わらず。

「この2年間、外出する機会がめっきり減ったな…。なにか楽しいことしたいな…。」

そんなことを思っていたとき、カフェメニューのオートミールスコーンやケーキなどで使う「小麦粉」が栃木から届きました。その小麦粉にはいつも手書きの手紙が同封されています。生産家である上野長一さんの近況が等身大の視点で綴られており、毎回、どんなことが書かれているのかと楽しみにしている手紙です。

読んでいてふと思いました。「このような生産家さんたちが、愛情を込めて育てた自然栽培の野菜をたくさん食べたいな。きっとみんなも食べたいだろうな…。せっかくなら他の取引先さんにも声を掛けて、たくさんの美味しいものをお客様へご案内できたら楽しいかも。」

マーガレット・ハウエル カフェは多くの仲間たちの協力によって運営することができています。穀類の生産家さんや八百屋さん。お花屋さん、パン屋さん、コーヒーの焙煎家さんに、自然栽培のハーブ農園さんもいます。

新緑の暖かい日。そんな仲間たちから送られてくるたくさんの美味しいものを、みなさんにお届けします。

005.jpg

MH MARKET」の開催です。

全国から自然栽培の野菜やハーブポットが届き、素敵なお花やスペシャルなコーヒーなどと一緒に並ぶほか、マーガレット・ハウエル カフェからは、2日間限定のフードメニューも登場します。

006.jpg

コーヒーのグラノーラ

いつもカフェでご用意している「イフニコーヒー」さんのコーヒービーンズと、生産家の「上野長一」さんから届いた完全無農薬の玄米をベースにしたグラノーラです。

上がってきた試作を、ミルクに23分浸してからスプーンでひとくち。

「美味いっ!」

ポリポリの食感とともに珈琲牛乳のように楽しめますよ。

007.jpg

ローズマリーとソルトのグラノーラ

こちらは「まるふく農園」さんから届いた完全無農薬のローズマリーと、欧州産の岩塩をベースにした甘くて塩気のあるグラノーラ。

そのままつまんで口に放り込んでみました。はい、お酒のおつまみにぴったり。試作の残りをよろこんで持ち帰り、おかげでその夜は赤ワインのソーダ割りと一緒に楽しいひとときを過ごせました。

008.jpg

マーケットランチボックス

完全無農薬の野菜をふんだんに使ったメニュー。写真はあくまでもご参考程度に。直前に収穫された新鮮な野菜を使うため、何が入っているか当日のお楽しみです。ローストした野菜は素材の味を楽しんでもらうため、味つけは塩とオリーブオイル程度。

3種の大豆はベイクドビーンズにしました。最後にパン屋の「ムッシュイワン」さんから届く、いつもカフェのサンドウィッチで使っているカンパーニュのスライスをのせて完成。

あれもこれもといった具合に盛り付けていったらなかなかのボリューム。ここでも試食。飽きずに完食。お腹は満足。

これらがカフェスペースいっぱいに並びます。マーケットの朝はいつもより早くオープンしますので、マイバッグを片手にお腹を空かせて遊びに来てください。

< MH MARKET at JINNAN CAFE >

開催日 : 2022514日(土)〜15日(日)

営業時間 : 9:0017:00

*雨天開催

それでは今月はこのあたりで。MH MARKETの準備に行ってきます。カフェスタッフたちも当日の準備や限定メニューの試作で大忙しです。お客様だけでなくぼくたちも楽しまなきゃ。

  
  • MARGARET HOWELL CAFE

    イギリスのクロージングブランド「MARGARET HOWELL」のショップに隣接したCAFEとして現在は東京に3店舗を展開中。透き通った気持ち良い空間でお食事からスイーツまでごゆっくり楽しんでいただけます。オンラインストアもぜひご利用ください。

  • 三辺貴男

    飲食業界20年を超えるベテランでマーガレット・ハウエル ショップ&カフェでは8年生。音楽・文学・植物からUFO研究まで興味関心は今なお広がり続け、ゆくゆくは都会を離れ、妻と温室で植物を育てながら老後のためにとっておいた本を片っ端から読み漁る日々を理想としている。