#THE LIBRARY#Dice&Dice#OKINAWA

NEWS ANCM

OKINAWATEN at THE LIBRARY Omotesando

VOLUME.65

福岡のセレクトショップ「Dice&Dice」による夏の風物詩
「沖縄展/OKINAWATEN」が今年もTHE LIBRARY表参道店にやってきます。

Text by Mayumi Yukita & Kota Maruyama (THE LIBRARY)

ARCHIVE

 たっぷり雨に打たれた樹々の葉が、深緑の色を増し、

あたたかい南風に乗って、懐かしい仲間たちの声が聞こえてくる頃。

クローゼットから鮮やかなアロハシャツと、トキヤ草が香るハットを取り出し、青く透き通ったグラスで冷えた水を一口。そして鏡に映るピンと伸びた自分の背中に、思わず口元がほころんだ。

「さぁ、今年はどんな夏になるのだろうか……」

 福岡のセレクトショップ「Dice&Dice」にて毎年開催される夏の風物詩「沖縄展/OKINAWATEN」が、今年もTHE LIBRARY表参道にやってきます。

昨年に続き第2回目の開催となる今回も「Aloha Blossom(アロハブロッサム)」、「ORRS(オールズ)」、「みんげいおくむら」といった夏を陽気にさせてくれるアイテムがたくさん並び、7/15(金)~17(日)の期間は沖縄県北谷町浜川のカフェ「GOOD DAY COFFEE」による淹れたてのコーヒーをお楽しみいただくこともできます。

 また今回は「Aloha Blossom」からTHE LIBRARY別注カラーのアロハシャツとドレスも登場。「注染(ちゅうせん)」という江戸時代初期から受け継がれる、伝統的な型染めの技法で染め上げた「CHUSEN DYE」のシリーズがベースになっています。

元々、浴衣や手ぬぐいを染める際に用いられてきた染色技法である「注染」は、布を芯まで染めることで裏表なく鮮やかに染まり、色褪せしにくい技法です。

同シリーズではその特徴を活かし、あえて生地にシワを寄せて染料を注ぐことで、上質なレーヨン生地を痛めることなく、独特の美しい「まだら模様」に仕上げています。ひとつとして同じ染まり方をしていないところも「CHUSEN DYE」の魅力です。

 別注カラーの<BLACK×NAVY>は色の差が僅かなこともあり、染まり具合を見るために、職人によるとても繊細な手作業を必要としたそうです。

真の贅沢を探求するこだわりは、THE LIBRARYのアイテムたちとよく合うシックな色味と模様になりました。

 一年前に出会った沖縄の仲間たちに、新たに「Aloha Blossom」の別注カラーも加わった2022年の「沖縄展/OKINAWATEN」。

夏の始まりを知らせてくれるこのお祭りに、わたしたちも店頭に並ぶアイテムを思い浮かべながら、ワクワクした準備の日々を過ごしています。ぜひTHE LIBRARY 表参道店でお会いしましょう。

【沖縄展 / OKINAWATEN at THE LIBRARY Omotesando

会場:THE LIBRARY 表参道店

日程:715日(金)~ 724日(日)

参加:

Aloha Blossom(アロハシャツ / ドレス)

ORRS(パナマハット / 焼き物)

・みんげいおくむら(琉球ガラス / 沖縄民藝)

GOOD DAY COFFEE(コーヒー)

Drunk CINDERELLA(パワースポット)

curated by Dice&Dice

*Dice&Diceにて開催された「沖縄展/OKINAWATEN 2022」はこちらをご覧ください。

  • 雪田真弓

    近所のキツネはだいたい友達。という北海道の大自然で育つ。2013年入社。THE LIBRARY表参道店 店長。セレクトアイテムたちの新しい化学反応を提供すべく、日々たのしく奮闘中。愛猫家。

ARCHIVE