#BEHIND#THE#SCENE

ウラカタログ

マイ・スタンダードのかっこよさ

VOLUME.7

普段目にすることのない側面にフォーカスして日々のなかで考えるきっかけを探していく「ウラカタログ」。
第7回は福岡のセレクトショップ「Dice&Dice」につとめる辛島徹臣が登場。
自身が担当するブランド「SEVEN BY SEVEN」と「ほぼ日 - weeksdays」によるコラボレーションアイテムと
ショップインショップ「7×7 BACKYARD CONCEPTSHOP」の日常について綴ります。

Photography by Dice&Dice
Text by Tetsuomi Karashima(ANGLOBAL)
Edit by Soya Oikawa(ANGLOBAL)

福岡の天神にある「Dice&Dice」は僕が働き始めて5年になるセレクトショップ。ストリートからアート、アウトドアから民芸まで、世界中からさまざまなカルチャーを背景に持つブランドを取り扱うこのショップで「SEVEN BY SEVEN(*1)」というブランドと、そのショップインショップである「7×7 BACKYARD CONCEPTSHOP」の担当をしている。

SEVEN BY SEVENはこだわった生地使いとその余白感、つまり実際に着てみたときに出る姿かたちのバランスがとてもかっこよくて、その魅力を少しでも知ってもらえればと思い今回初めて記事を書くことに。

*1 ブランド名は約7マイル四方に広がるサンフランシスコの愛称から。同地で20代を過ごしたデザイナー川上淳也によって古着の解体から再構築、また当時出会った人々の自由なパソナリティを込めた素材使いやデザインを展開している。20193月にDiceDice内にショップインショップ「7×7 BACKYARD CONCEPTSHOP」をオープン。

そんなSEVEN BY SEVENが、「ほぼ日」とスタイリストの伊藤まさこさんが手がけるネットショップ「weeksdays」とのコラボレーションアイテムを企画していることを知ったのは昨年のこと。

それまでの僕のイメージでは「ほぼ日」の服といえば、無垢で用の美というか、カラーで表すならホワイトやベージュといったベーシックなもの。クリーンで生活に溶け込みやすいイメージ。一方でSEVEN BY SEVENはエッジの効いたデザインで色はブラックやマルチカラーで存在感の強いアイテム。そんな両者がどういう解釈でコラボレーションアイテムを作るのか、ずっと楽しみにしていた。

後日、それは「サードタイプのデニムジャケットとストレートのデニムパンツ」というかたちでショップに到着した。はやる気持ちを抑えてサンプルが入った梱包を解く。ジャケットもパンツもそれぞれ6サイズ展開で、僕にとっての定番のサイズである“ジャケット38のパンツ32”を実際に試着してみる。

少し青みを帯びたインディゴ地は、洗いが掛かった風合いのある表情。スタンダードながらもすっきりとしたシルエット。フロントボタンとステッチの銅色が合うようにデザインされていて、共に不思議なくらい落ち着いた印象だ。

セットアップとしてのスタイルの良さはもちろん、例えばデニムジャケットはワイドなチノパンに、またデニムパンツには真っ白なオーバーサイズシャツを合わせれば春らしい清涼感も出せる。デニムは着る人の年齢なんて関係ないし、誰が着てもしっかり馴染んでくれる。世の中にはたくさんデニムアイテムが溢れているけれど、このアイテムは「weeksdays」の実用的なイメージがSEVEN BY SEVENによって丁寧なバランスで作り込まれている。なるほどこれはとにかく合わせやすそうだと、思わず試着していて1人で納得してしまった。

これらは僕がふだん立っている7×7 BACKYARD CONCEPTSHOPにもよく馴染んだ。植物が置かれた空間はそれまでDice & Diceにはなかった新鮮な雰囲気を持っていて、ここには古着との相性も良いSEVEN BY SEVENのデザインを求めて福岡だけではなく九州全土から来てくださるお客様が多いのが嬉しい。

SEVEN BY SEVENの生地使いは本当に独特で、ショップに来てくださった方には触り心地や着用時のシルエットなどをダイレクトに伝える事ができるのだが、今後はウェブサイトでそのことをいかにわかりやすく表現できるかに取り組んでいきたいと思っている。

こちらの「ほぼ日 weeksdays」さんのサイトでは、今回のコラボレーションに関するさまざまな記事をお読みいただけます。

  • 辛島徹臣

    服飾の専門学校を卒業後にオーストラリア留学を経て福岡のセレクトショップ「Dice & Dice」へ。カルチャーへの関心が高く、サーフィンからスケートボード、キャンプ、フィッシング、ナチュラルワインに至るまで幅広い趣味を持つ。昨年できた「SEVEN BY SEVEN 7×7 BACKYARD CONCEPTSHOP”」の担当となり、ブランドとのコミュニケーションを通じて新境地を開拓中。

  • 7×7 BACKYARD CONCEPTSHOP

    810-0021 福岡県福岡市中央区今泉2-1-43 DXD bldg (Dice&Dice2F)

    12:00 – 20:00 不定休

    092-722-4877