坐禅会からはじまる1日 より道のススメ|京都編
#TOWNGUIDE#ROUTE#KYOTO

より道のススメ | 京都編

坐禅会からはじまる1日

VOLUME.1

セレクトショップTHE LIBRARY 京都バル店に勤め、
その快活なキャラクターでいつも笑顔を振りまく田畑健さん。
京都に生まれ、大阪や東京での勤務を経て、
12年前から京都の左京区、比叡山の麓の住まいで暮らしています。
近隣の方々との交流にも積極的な田畑さんが、日々、
自転車通勤のあいだや、休日についつい立ち寄りたくなるスポットを紹介します。

Select by Ken Tabata (ANGLOBAL)
Edit by Yoshikatsu Yamato(kontakt)

山にトレイルに行ったり、川沿いを歩いたり、自転車に乗って街並みを楽しんだり。僕にとって仕事前の朝の時間は、自分のなかでON/OFFの切り替えをし、気持ちを整えられる大切な時間。昔からサーフィンが趣味ということもあり、早起きは得意なんです。

今回紹介する「栖賢寺(せいけんじ)」がある左京区は、僕の住んでいる街であり、綺麗な山や川、藏のある家や歴史あるお寺が古い街並みをつくっているエリアです。僕のライフスタイルは、そんなのどかな環境と都会との往復。


自宅からもほど近い「栖賢寺」は、普段は一般開放されていない静かなお寺ですが、小さな門を過ぎると、広い境内にある山の斜面に庭園があらわれます。あたりは清廉な雰囲気がただよい、とても綺麗で、心と体が落ち着ける僕の大切なスポットです。

02.JPG

3年程前にこのお寺に来られた住職の宗貫さんは、お話をするのも楽しい方なんです。共通の趣味であるスポーツについて話したり、また、地域の運動会やお神輿担ぎの雰囲気が大好きなので、一緒に参加したりしています。


住職の奥様であるクリスティーナ・チースレロヴァーさんは、ヨーロッパのチェコから日本に移住し、現在はお茶を世界に広めるアンバサダーとしてもご活躍なさっています。


朝早く、しんとしたお寺での座禅会は、自分の鼓動と呼吸だけを感じて背筋を伸ばし、心地いい「無」が感じられる時間。坐禅が終わって、お茶を頂くひとときには、良い一日のはじまりが感じられます。海外から参加なさっている方々とのコミュニケーションも楽しく、一期一会が感じられますね。これからも、早起きが出来る日には参加していきたい大切なより道スポットです。さて、山から街に出て、今日も仕事頑張るぞー! 

  
  • 田畑健

    アングローバル社に20年以上勤め、現在は生まれ故郷である京都のTHE LIBRARY 京都バル店に自転車で通い、立つ日々。趣味ではもっぱらアウトドアに親しみ、スポーツに旅にと、活動的な生活を心がけている。いくつになっても無理なく自然体で衣食住を頑張っていく。

  • 栖賢寺(せいけんじ)

    京都市左京区上高野水車町20

    坐禅会や坐禅研修、茶道体験など、お寺での活動に興味のある方は、

    ホームページに記載のメールアドレスまでお問い合わせを。