VIGOREの自転車でめぐる出町柳 より道のススメ | 京都編
#TOWNGUIDE#ROUTE#KYOTO

より道のススメ | 京都編

VIGOREの自転車でめぐる出町柳

VOLUME.3

セレクトショップTHE LIBRARY京都バル店に勤め、その快活なキャラクターでいつも笑顔を振りまく田畑健さん。
京都に生まれ、大阪や東京での勤務を経て、12年前から京都の左京区、比叡山の麓の住まいで暮らしています。
近隣の方々との交流にも積極的な田畑さんが、日々、自転車通勤の合間や、休日についつい立ち寄りたくなるスポットを紹介します。

Select by Ken Tabata (ANGLOBAL)
Edit by Yoshikatsu Yamato (kontakt)

僕と自転車との出会いは、10年以上前にMARGARET HOWELLがサイクリングジャケットとメッセンジャーバッグを展開したときのこと。当時のショップのウィンドーに「キャノンデール」の自転車がディスプレイされていました。そのカッコいいスタイルに憧れて、「自分もお洒落に自転車に乗ってみたい!」と思ったことが最初のきっかけです。

それからというもの、いろいろなジャンルの自転車を試し、さまざまなメーカーの自転車に乗ってきましたが、そのなかでも、自分にとってのベストを叶えてくれたのが、京都にあるサイクルショップ「VIGORE(ビゴーレ)」の店主である片岡さんの作り上げる、オーダーメイドクロモリ自転車。これがないと、今の自分のライフスタイルは無かったも同然。この自転車に出会い、それを乗りこなす日々を過ごしているからこそ、体力を落とさず健康に過ごせています。

IMG_3636 2.jpg

3.jpg

乗れば乗るほどに、自分に合ったポジションが定まってくる。メンテナンスをして、ときには色を塗り替えて気分を変える。そうすることで、愛情を持ち続けて長く乗ることができる。作り手の真心を感じながら乗れる自転車と、それを作る片岡さんのお店「VIGORE」には、これからもずっとお世話になりたいと思っています。

4.jpg

さて、そんな愛車に乗って向かうのは、京都の左京区に位置する出町柳周辺。このエリアは、高野川と賀茂川の合流地点であり、この場所から、その川は「鴨川」へと名前を変えて、京都の街なかへと流れていきます。

5.jpg

僕にとっての出町柳の街は、通勤の際も、休みの日にも毎日必ず通る場所。仕事のある「街への入口」であり、京都の自然が待ち受ける「山への入口」でもあるここは、気持ちの切り替わる特別な場所なんです。周辺にはたくさんの大学があって学生たちが集まり、週末は観光客や山登りの人たちでも賑わっています。老若男女を問わず、色んな個性が集まる街でもあります。自然豊かな下鴨神社の糺ノ森、京都御苑、自転車で5分くらいの場所には京都府立植物園があったりして、市民にとっては憩いのエリア。

6.jpg

通勤時や休日に自転車に乗っていると、自分の住んでいる街のことがよく見えてきます。自転車、街の良さに気付かせてくれるツールでもあるんですよね。出町柳は、昔ながらの街並みのなかに、魅力的な小さな店のひしめくエリア。すこしわかりづらいかもしれませんが、下調べをして、ゆったりと時間をかけて楽しむと、歴史ある街の伝統にも出会えると思います。散策のしがいがあり、紹介したいお店もたくさんあるこのエリアを、引き続き「より道のすすめ」で案内していければと思っています。

  
  • 田畑健

    アングローバル社に20年以上勤めるトップセールス。現在は生まれ故郷である京都のTHE LIBRARY 京都バル店に自転車で通い、立つ日々。趣味ではもっぱらアウトドアに親しみ、スポーツに旅にと、活動的な生活を心がけている。いくつになっても無理なく自然体で衣食住を頑張っていく。

  • VIGORE

    京都府京都市左京区岩倉南四ノ坪町55

    TEL 075-791-6158

    平日13:00〜19:30 / 土日 10:30〜19:30

    火休